Yokohama-East Little League

リトルリーグってどんなところ?

リトルリーグの誕生

1939年、アメリカペンシルバニア州ウイリアムスポート市在住のカール・ストッツという人が、近所の子どもたち12人でチームを結成したのが始まりです。野球好きな9~12歳の少年で作られた、たった3チームの小さな団体でしたが、アメリカ各地に仲間がふえ始めました。やがて47年には、第1回の世界選手権が開催されるほど世界にも広がっていきます。 現在では100を超える国と地域で、約7000リーグ300万人が参加。発祥の地・ウイリアムスポートには、いまでもリトルリーグの世界本部が置かれています。

日本でのリトルリーグ

日本でリトルリーグの活動が始まったのは1955年ころです。東京の近郊でわずか5~6リーグからの船出でした。アメリカでリトルリーグが誕生してから25周年にあたる64年、本部からの呼びかけもあって日本リトルリーグ野球協会が発足しました。 はじめは関東連盟だけでしたが、66年には関西連盟、70年には東北連盟が加盟します。以後も北海道、信越などの連盟が生まれ、全国的な組織として年々拡大していきました。 2001年の国際登録数は、全国12地方連盟合計で296リーグ。これはアメリカに次いで世界第2位のリーグ数です。

リトルリーグへ入団するには

住んでいる地域にリトルリーグがあれば、申し込めばいいのです。ただ入団するためには、ひとつ条件があります。入団する年の4月30日現在で満9歳から12歳の少年少女、という年齢です。(従来は9月1日生まれから新学年として扱ってきましたが、本年より5月1日からに変更されました) なぜ、3月31日じやないの? と思うでしょう。日本ではその日から年度がかわりますからね。実はこれは、リトルリーグが生まれたアメリカでは、新学年が9月1日から始まるためです。ですから日本では、同じ中学1年生でもリトルリーグに参加できる人とできない人がいるわけです。

全日本リトル野球協会公式ホームページより

体験参加をご検討の方、お問い合わせは下記まで
電 話:090-3692-7901(事務局長/飯田)
メール:trial@kohoku-little.org